スポーツ少年団

やまぐち

子どもたちが楽しみながら積極的にからだを動かせる。それがアクティブ・チャイルド・プログラム(ACP)です。
子どもが発達段階に応じて身につけておくことが望ましい動きを習得する運動プログラムとして、日本スポーツ協会が開発しました。
山口県では、ジュニアスポーツ検討委員会からの提言を受け、平成28年度から、日本スポ―ツ協会ACP普及委員を招聘し、ACP普及講習会やACPブラッシュアップ研修会を開催してきました。同時に、地域を指定することで、ACPを活用する指導者や育成母集団を増やしてきました。
スポーツ少年団や総合型地域スポーツクラブが主管となって、地域の子どもたちを募集し、地域の大人と一緒にACP教室を展開してきました。ACPの指導については、県内のACP講師が中心になって進めてきました。

 

年 度 地  域
平成28 鹿野地域・久米地域(周南市)
  29 鹿野地域・久米地域(周南市)
  30 鹿野地域(周南市)・上宇部地域(宇部市)
  31 櫛浜地域(周南市)・上宇部地域(宇部市)
令和  2 櫛浜地域(周南市)・勝山地域(下関市)
    3 牟礼地域(防府市)・垢田地域(下関市)

 

令和2年度キッズACP(しものせき・くしがはま)報告書

◆しものせき⇒しものせきキッズACP報告書

◆くしがはま⇒くしがはまキッズACP報告書

 

 

 

ページのトップへ