第69回国民体育大会 長崎国体 山口県選手団結団式の開催について

第69回国民体育大会 長崎国体 山口県選手団結団式を、平成26年9月5日(金)に山口県セミナパークにおいて開催しました。

 結団式には、選手・監督など約200人が出席しました。村岡団長(知事)から、国体に出場することで決して満足することなく、本大会で入賞を勝ち取るように激励をいただき、総合開会式で県選手団の旗手を務める福嶺佑耶選手(ウエイトリフティング競技 成年男子)に団旗を、選手代表の桐田和樹選手(バドミントン競技、少年男子)に国体選手証を授与しました。選手を代表して、桐田選手が国体に向けた決意表明を行った後、中村国体総監督の掛け声に合わせて、参加者全員でガンバロー三唱で気勢を上げ、長崎国体の目標としている「総合成績10位台」の達成に向け、「チームやまぐち」の一体感を深めるとともに、本番での健闘を誓い合いました。

ページのトップへ